CBR試験の違い【分かりやすく解説】

現場監督
現場監督

CBR試験?修正CBR試験?現場CBR試験の違いは何?

現場CBR試験と道路の平板載荷試験って何が違うの?


上記のような疑問に答える記事です。

私は、現役のCBR土質試験技術者です。

この記事を読む事で得られるメリットは以下のとおりです。

  • CBR試験、修正CBR試験、現場CBR試験の違いが分かります。
  • 現場CBR試験と道路の平板載荷試験の違いが理解できます。

CBR試験の違い【分かりやすく解説】

CBR試験の違い

CBR試験の違いは、以下の通りです。

どこで試験をするか?
「室内」 「現場」

なにを対象とするか?
「土」 「路盤材料」

上記の4つがCBR試験の違いを判断する基準です。

CBR試験は、土のCBRを求める。

CBR試験は、土のCBRを求める試験です。
一般的にCBR試験といえば、「室内」で「土」を対象とした試験です。

CBR試験は以下のように呼ばれることがあります。
・変状土CBR試験
「室内」で「乱した土」を締固めて試験する。

・現状土CBR試験
「室内」で「現状土」を試験する。

詳しくは、下記の記事に書いてありますのでご覧ください。

CBR試験とは?【CBR試験の目的を分かりやすく解説】
https://jibanchousanomirai.com/cbr

修正CBR試験

修正CBRは、路盤材料のCBRを求める

修正CBR試験は、「室内」で「路盤材料」を対象とした試験です。

路盤材料は、砕石・RC-40(クラッシャーラン)・M-30(粒度調整砕石)・砂などがあります。

修正CBR試験の方法

修正CBR試験の方法は、基本的にCBRと同じです。
試験方法の主な違いは、以下に示します。

試料の準備方法
・CBR試験   → 自然含水比
・修正CBR試験 → 最適含水比

突固め方法
・CBR試験   → 3層に分けて各層67回突固める。
・修正CBR試験 → 3層に分けて17、42、92回の3種類を突固める。

修正CBR試験の目的

修正CBR試験の目的は、路盤や盛土で用いられる材料の評価や選定のために行います。

例えば、あるRC-40(クラッシャーラン)やM-30(粒度調整砕石)があった場合に、修正CBR試験を行っておく事で事前に材料の評価を行うことができます。

RC-40は、修正CBR試験の結果、修正CBR30%であった。

M-30は、修正CBR試験の結果、修正CBR80%であった。

上記のように決定しておけば、材料を選定が簡単です。

また施工の時には、現場密度試験の結果が分かれば、修正CBRの値を想定できることになります。

各種の基準によって異なりますが、路盤の品質管理の場合、概ね最大乾燥密度の95%を目標に管理する事が多いです。

上図をご覧ください。

修正CBR試験を事前に行っておく事で、最大乾燥密度95%の時に修正CBRが80%の材料と分かります。

現場では、最大乾燥密度95%を確認できれば、間接的にCBRが80%出ていると想定ができます。

現場CBR試験

現場CBR試験は、現場でCBRを求める

現場CBR試験は、「現場」で「土・路盤材料」のCBRを求めることができる試験です。
試験方法は、室内で行うCBR試験とほぼ同じです。
現場CBR試験は、重機や車両などを反力にして試験をします。

現場CBR試験の目的

現場CBR試験の目的は、施工管理や品質管理に使用されることが多いです。
例えば、路盤仕上がりやセメント改良後に本当にCBRを確保できているか確認するために行います。

道路の平板載荷試験

道路の平板載荷試験は、現場で地盤反力係数を求める

道路の平板載荷試験は、「現場」で「地盤反力係数」を求めることができます。
地盤反力係数とは、載荷圧力と沈下量の比から求める値です。
試験装置が現場CBR試験と似ているため間違えやすい試験です。

簡単な違いは以下の通りです。
道路の平板載荷試験 → 地盤反力係数を求める。
現場CBR試験   → CBRを求める。

まとめ

CBR試験の違いを、以下にまとめます。

・CBR試験は、「室内」で「土」のCBRを求める。

・修正CBR試験は、「室内」で「路盤材料」の修正CBRを求める。

・現場CBR試験は、「現場」で「土・路盤材料」のCBRを求める。

・道路の平板載荷試験は、「現場」で「地盤反力係数」を求める。

いかがでしたでしょうか?

CBR試験の違いについて理解が深まりましたか?

今後も皆さまのお役に立てる記事を書いていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。